地域の話題

スイートコーン楽しく収穫 今井保育園が恵みの里で

 松本市今井の今井保育園(青木真由美園長)は19日、近くにある道の駅・今井恵みの里の体験農場でスイートコーンを収穫した。年長、年中の37人が訪れ、背丈よりも高く育ったトウモロコシ畑に分け入り、歓声を上げつつ実をもぎ取った。

 道の駅を運営する会社の犬飼公紀社長が「ひげが茶色くなったのを取ってね。葉っぱで手が切れないように気を付けて」と説明すると、園児らは「はい」と礼儀正しく答えて農場に向かった。
 園児らは「大きいなあ」「(雨で)ぬれているね」とにぎやかに話しながら実をもいだ。年少の子供たちの分も収穫し、両手で実を掲げて満足そうな笑顔を見せていた。スイートコーンは各自が持ち帰って家族と味わった。
 道の駅は、農業の担い手として期待される子供たちの食育事業に取り組んでおり、毎年園児を招いている。