スポーツ

松商惜敗で4強ならず 中信勢の高校野球の夏終わる

【松商-東海大諏訪】松商7回1死1塁から、塚本が左越本塁打を放つ

 第101回全国高校野球選手権長野大会は17日、松本市野球場で準々決勝2試合を行った。中信勢は松商が第1シードの東海大諏訪に4-5で競り負け、4強進出を逃した。松商は初回に先制するも中盤に逆転され、7回に1点差にまで詰め寄りながらもあと一歩及ばなかった。これで中信勢は全校が敗退し、平成26年以来5年ぶりに準決勝進出を果たせなかった。18日は準々決勝の残り2試合を行い、4強が出そろう。