地域の話題

安曇でバス事故 21人死傷 車と正面衝突 158号渋滞

 13日午後0時半ころ、松本市安曇の国道158号で、大阪市住吉区の地方公務員・金岡新太郎さん(56)の乗用車と茨城県の大型観光バスが正面衝突した。金岡さんは胸などを強く打ち、搬送先の市内の病院で死亡が確認された。助手席にいた妻の滋子さん(52)も大けがのもよう。バスの乗客・乗員43人のうち19人が軽いけが。現場の通行は約4時間規制され、3連休入りの行楽車などで激しく渋滞した。

 現場は緩いカーブの2車線で、松本署が原因を調べている。事故直後には救急車4台とマイクロバス1台が駆けつけ、信州大学の医師も同乗した。バスの乗客たちは車外に避難し、路上に敷かれたシート上で不安げに座り込んでいた。渋滞は一時、松本側へ約4キロほど延びた。上高地などへの路線バスが発着する新島々駅も足止めされた観光客で混雑した。
 横浜市から富山県へドライブ中の会社員女性(55)は「通行止めがいつ解除されるか分からない」と困っていた。神奈川県から岐阜県高山市へ向かう途中だった自営業男性(58)は「この辺りの道路はう回路がなく本当に困る」と嘆いていた。