スポーツ

御嶽海玉鷲を圧倒 白星先行きょう正代戦

玉鷲(左)を押し出しで破った御嶽海

 大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)3日目の9日、上松町出身で東関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、西関脇・玉鷲(片男波部屋)を押し出しで破った。2連勝で2勝1敗と白星を先行させ、4日目の10日は、東前頭3枚目・正代(時津風部屋)と対戦する。

 下から押し上げる一方的な相撲で、玉鷲戦の連勝を10に伸ばした。立ち合いは五分だったが、間髪入れずに突き、押しを繰り出した御嶽海の攻め手の質が上回った。前傾姿勢を崩さず前進して土俵際に追い込み、あとは相手の胸をひと押しだった。玉鷲には通算18勝2敗。
 元学生横綱同士で1歳上の正代とは、幕下時代から数えて通算17戦目となる。御嶽海は過去7勝9敗と分が悪く、直近の対戦となった昨年11月の九州場所では、立ち合いで力負けし、引いて呼び込み、押し出しで敗れている。

連載・特集

もっと見る