スポーツ

松商、松本国際、大町岳陽が初戦突破 高校野球長野大会

【飯田OIDE長姫―松本国際】松本国際4回2死満塁で、金井の左前打で2走佐藤が生還

 第101回全国高校野球選手権長野大会は7日、松本市野球場など4会場で1回戦11試合を行った。中信勢は松商がコールドで箕輪進修・阿南に快勝、松本国際は飯田OIDE長姫に競り勝った。大町岳陽はサヨナラで丸子修学館を下し、2回戦進出を決めた。穂高商は初戦で涙をのんだ。8日は1回戦の残り8試合を行い、中信勢は5校が2回戦進出を目指す。