地域の話題

初めてのそば打ち楽しむ 松本の道場 教室スタート

 松本城公園を主会場に10月12~14日に開催される第16回信州・松本そば祭りの実行委員会は7日、関連イベントとして、松本市島立の信州そば道場で「はじめてのそば打ち教室」を開講した。初日は5組が参加し、そば文化の普及に取り組む全麺協の認定指導者から手ほどきを受けた。

 そば粉500グラム、小麦粉200グラムで7人前のそばを打った。粉に水を含ませる水回しから切るところまでを習った。切る工程では、包丁を下ろす、次の場所が切れるように傾ける、包丁を上げるの動作を、「1、2、3」とタイミングよく続けるように指示が飛んでいた。家族3人で訪れて初めてそばを打ったという梓川小学校3年の佐々木孝隼君(8)は「延ばすのが難しかったけれど楽しかった。冷たいおそばにして食べたい」と話していた。
 教室は28日、8月11日、25日、9月1日、29日、10月6日に開催される。参加費は一組1500円。問い合わせは、かまくらや(電話0263・87・7101)へ。