政治・経済

参院選の期日前投票始まる

バスターミナルビルの期日前投票所で投票する有権者
 参議院議員選挙の期日前投票が5日に始まった。21日の投票日に仕事や旅行などで投票できない有権者が、各市町村の選挙管理委員会が設けた期日前投票所に足を運び、県区と比例代表に1票ずつ投じている。20日まで。
 暑さ対策などで従来の松本駅東西自由通路から松本バスターミナルビル(アルピコプラザ)2階へ移す形で開設された松本市の期日前投票所にも、有権者が次々と訪れていた。路線バスで買い物に訪れ、ついでに投票した上村剛正さん(68)=松原=は「場所が少し分かりづらかったけれど、ここにあるのはいい」と話し、年金や社会保障制度の充実を願って投票していた。  バスターミナルビルの期日前投票所の開設時間は午前10時~午後8時で、初日に管理者を務めた市選管の吉田弘壽委員長は「開始時刻がビルの開店と同時で従来より遅いが、バス利用者や買い物客には利便性がある」と話し、利用を呼び掛けていた。  松本市の期日前投票所は、17日まで市役所など4カ所、18~20日は合併地区の支所など10カ所になる。初日に期日前投票をした松本市の有権者は、平成28年の前回参院選を271人上回る807人だった。

連載・特集

もっと見る