地域の話題

花フェスタ会場で花の球根を無料配布

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区で30日、信州花フェスタ期間中の来場者の目を楽しませたユリとチューリップの球根の無料配布が行われた。県内各地から1000人以上が詰めかけ、段々原っぱの花壇にあるユリ8000個、チューリップ4万個の球根が30分足らずで掘り取られた。

 見頃終盤となったユリの花が並ぶ花壇を大勢が取り囲み、開始の合図とともに一斉に花壇に入った。われ先にとユリを茎ごと引き抜き、地中に隠れたチューリップの球根もスコップで丁寧に探し集めていた。松本市寿豊丘の塩原良子さん(69)は「雨で土が軟らかかったので、道具がなくても取れてラッキーだった」と喜んでいた。
 信州花フェスタのサブ会場となった今年は通常より多い38万本のチューリップと、初めて8000本のユリが植えられ開花リレーが行われた。チューリップの球根の掘り取りは6月上旬に続き2回目となった。

連載・特集

もっと見る