地域の話題

子ヤギ「なでなで」 梓川で幼児が触れ合い

 松本市の梓川児童センターで26日、ヤギとの触れ合い体験が初めて行われた。同センターつどいの広場と梓川地区社会福祉協議会の企画で、幼児と母親約20組が参加し、地元の三村美智代さん(65)=梓川梓=が飼っている子ヤギを優しくなでるなどしてかわいがった。
 生後3週間の雄のヤギ「たろう」が三村さんに連れられて訪れた。子供たちは、怖がることなく興味津々でそばに寄り、柔らかくて真っ白な毛で覆われた体を触ったり、名前を呼んだり、「メエー」と鳴く声を聞いたりして触れ合った。
 松本市梓川倭の伊藤暖真ちゃん(3)は母親の美貴子さん(37)と一緒に体験し「ヤギの毛がフワフワしていた。かわいかった」と喜んでいた。

連載・特集

もっと見る