スポーツ

市民タイムス杯マレットゴルフ 180人が熱戦

上位入賞した皆さん。(後列左から)男子優勝の松沢さん、準優勝の小林さん、3位の久保田さん。(前列左から)優勝の大輪さん、準優勝の塚原さん、3位の清澤さん

 第26回市民タイムス杯マレットゴルフ大会(市民タイムス主催、松本マレットゴルフ協会主管、松本ヘルス・ラボ、デリシア、ピレネトラベルサービス協賛)が26日、松本市郊外の信州スカイパークで開かれた。約180人が参加し、36ホールを回って順位を競った。男子は松沢新司さん(69)=松本市内田=が平成28年以来2回目の優勝を飾り、女子は大輪矩子さん(75)=同市野溝木工=が初優勝した。

 参加者は3~4人のグループになり、自然豊かな林間のコースを回った。それぞれに好スコアを目指しつつ、和気あいあいとプレーを楽しんだ。
 男子優勝の松沢さんは「天気が良く気持ちよくプレーができたのが勝因」と喜び「初めての人と一緒に回ったので、いろいろな会話ができて楽しかった」と振り返った。女子優勝の大輪さんは「調子が良く、練習の成果が結果に結び付いた。とてもうれしい」と笑顔を見せた。
 上位3位のほか、ホールインワン賞など各種賞を贈った。最高齢の出場者となる稲村光雄さん(95)=塩尻市大門一番町=には特別賞が贈られた。稲村さんは「マレットゴルフを毎日プレーしているおかげで元気でいられる」と喜んでいた。
 その他の上位入賞者は次の皆さん。
 ▽男子②小林正弘(松本市村井町北1)③久保田潤(同市空港東)▽女子②塚原美代子(塩尻市広丘吉田)③清澤孝子(山形村)

連載・特集

もっと見る