政治・経済

参院選で塩尻市60周年カード 投票者に寄贈 関心高めて

 塩尻市選挙管理委員会は7月4日公示、21日投開票の参議院議員選挙で、投票者に市制施行60周年と令和への改元を併せた投票記念カードを贈る。市では昨年9月の市長選で投票率が5割を下回ったほか、今春の統一地方選挙の県議選、市議選ともに過去最低の投票率となっており、カードの配布で選挙への関心を高めたい考えだ。

 カードは縦6・3センチ、横8・8センチ。表には市制施行60周年を記念した、市花のキキョウの花とブドウの房の形を取り入れた「60」のロゴマークが印刷されている。ホログラムの加工が施されて、角度によって色とりどりの星が輝くように見える。裏には「令和」の文字と参院選の投票日などが印刷されている。
 参院選の期日前投票は、塩尻総合文化センターで5日から20日まで、北部交流センター・えんてらすと吉田支所、楢川支所で17日から20日まで行える。
 池田光宏選管事務局長は「投票の権利をしっかり行使してもらいたい。参院選後の選挙でも投票記念カードを配布し、商店街などでカードを提示すると割引を受けられるような特典を考えてもらえるとありがたい」と話している。

連載・特集

もっと見る