スポーツ

北信越高校総体陸上 女子円盤投げで大町岳陽の丸山香奈恵が優勝

女子円盤投げを制した大町岳陽の丸山

 北信越高校総合体育大会の陸上競技は最終日の16日、松本市の松本平広域公園陸上競技場でトラック・フィールドの男女計13種目の決勝と混成種目を行い、中信勢は女子円盤投げの丸山香奈恵(大町岳陽3年)が38㍍21で優勝した。女子200㍍は北沢栞(豊科2年)が25秒33で4位、友田有紀(松商3年)が5位に入り、ともにインターハイの出場権を獲得。女子1600㍍リレーは松商が3分54秒19で4位、男子円盤投げは岡村樹優(池田工3年)が38㍍31で5位に入り、それぞれインターハイ出場を決めた。