スポーツ

御嶽海関山雅にエール 市民タイムスと山雅がイベント

サッカーJ1松本山雅FCのホーム仙台戦前に行われたイベントでピッチに姿を見せた御嶽海関。相撲対決で本領を発揮してガンズくんを投げた

 サッカーJ1松本山雅FCのホーム仙台戦が開かれた松本市の総合球技場サンプロアルウィンに15日、7月の大相撲名古屋場所で関脇への復帰が期待される上松町出身の小結・御嶽海関(出羽海部屋)が訪れた。市民タイムスと山雅の共催イベントとして、昨年6月以来となる夢の共演が再び実現した。御嶽海関は大勢の山雅サポーターや相撲ファンらと触れ合い、試合も観戦して、国内サッカー最高峰のリーグで熱闘を繰り広げる山雅にエールを送った。

 御嶽海関は試合前のピッチイベントで、山雅のマスコットキャラクター・ガンズくんとのPK対決に臨んだ。「左を狙う」と宣言をして、スタンドを埋める山雅サポーターの御嶽海コールを受けながら、低い弾道で予告通りゴールを決めた。
 ピッチ上に土俵も設けられ、ガンズくんとの一本勝負を見事に制した。ピッチ外ではサポーター一人一人とふれあい、質問や写真撮影に気さくに応じた。
 御嶽海関はイベント終了後の取材に対し「相撲にはない応援(チャント)もあり、緊張したが楽しかった」とほほ笑み、名古屋場所に向けて「山雅と一緒に長野県のスポーツ界を盛り上げていきたい」と力を込めた。