地域の話題

塩尻市広丘支所 あす移転開所 えんてらす 作業急ピッチ

 塩尻市北部交流センター・えんてらすの本体工事が完了し、17日から広丘支所と広丘公民館、北部子育て支援センターが業務を開始する。15日に支所の移転作業が始まり、職員らが開所に間に合わせようと急ピッチで準備を進めている。

 えんてらすは支所と公民館、子育て支援センター、図書館が入る複合施設で、木造一部鉄骨造り2階建て延べ2136平方メートル。床の大部分はコンクリートだが木がふんだんに使われた暖かみのある内装で、支所棟と図書館棟、プレイルーム棟を交流スペースでつなぐ構造となっている。
 17日からは午前8時半から午後5時15分まで、転入出届や各種証明発行など一連の支所業務を行う。北部子育て支援センターは午前9時から午後4時まで利用できる。会議室などの一般向け貸し館業務や交流スペースの利用、広丘図書館の業務はグランドオープンの7月1日から開始する。
 6月30日には記念式典とオープニングセレモニーを行い、シンポジウムや施設の内覧会、おはなし会などのアトラクションが企画されている。中野実佐雄・北部拠点マネジャーは「木の素材を使った優しい空間。みんなが気楽に立ち寄り集える場所にしていきたい」と話している。