スポーツ

北信越高校総体陸上 女子砲丸投げで松商・小林が優勝し全国切符

12㍍74の自己ベストで女子砲丸投げを制した小林

 北信越高校総合体育大会の陸上競技は13日、松本市の松本平広域公園陸上競技場で開幕した。初日はフィールドの男女計4種目の決勝を行い、中信勢は女子砲丸投げで小林弥希(松商3年)が12㍍74で優勝し、インターハイ出場を決めた。女子棒高跳びは有田芽生(深志3年)が3㍍20で4位に入り、上位4人が進めるインターハイの出場権を獲得した。