地域の話題

バラ華やか香りも見事 松本平広域公園

多彩な品種が楽しめるバラ園

 信州花フェスタ2019のメイン会場・県松本平広域公園にあるバラ園が見頃を迎えている。花フェスタに向けて立体的なアーチや多様な品種を取り入れ、昨年大規模改修されたバラ園で、深紅や白、ピンク、紫など色とりどりの花が来場者の人気を集めている。

 改修前20種ほどだった品種は74種に増え、園全体で約4200株が植栽されている。大輪咲きのバラから小花のバラまで多彩に咲き、小ぶりなピンクの花が特徴で昭和58年に作出された「安曇野」、光沢のあるオレンジの花を咲かせる「楽園」など、珍しい品種もそろっている。日帰りツアーで訪れた長野市の女性(66)は「いろんなバラがあっていい。香りにも癒やされる」と満喫していた。
 見頃は6月いっぱい続く見込み。バラと調和するさまざまな多年草や宿根草の植栽も見どころの一つになっている。