地域の話題

涼しげな姿で通勤・通学 盛夏前に夏服へ衣替え

 6月は冬服から夏服に切り替わる「衣替え」の季節だ。最初の平日となった3日、松本地方でも涼しげな半袖の制服やノーネクタイで学校や職場に向かう人たちの姿が見られた。

 松本市のあがたの森通りでも早朝、多くの中高生が夏服や半袖のTシャツを着て登校していた。5月中に冬服から夏服への移行期間を設けている松本秀峰中等教育学校の1年生・加治屋智恵さん(12)=松本市波田=は「朝はまだ涼しいけれど、夕方までにはちょうどいい暑さになる」と話していた。
 3日はよく晴れ、日中の最高気温は7月中旬並みの29・4度まで上がった。