地域の話題

信州大学創立70周年祝う 式典に卒業生や市民1100人

信州大学の創立70周年を祝った記念式典

 信州大学(本部・松本市旭3)の創立70周年と前身校の一つとなる旧制松本高等学校の100周年を祝う記念式典が1日、まつもと市民芸術館で開かれた。卒業生や学生、市民ら約1100人が歴史と伝統を振り返り、県内唯一の国立総合大学として教育、研究、社会貢献の使命に取り組む信州大学の発展を願った。

 濱田州博学長は式辞で、開学式での初代学長の言葉に触れ「特色ある研究への意欲と、地域と連携協働していく姿勢が今日につながる」とし「地域にとって信州大学があってよかったと思われるよう精進していく」と述べた。
 式では平成22年から経済学部(現・経法学部)特任教授として市民にも開放する集中講義を担当しているジャーナリスト・池上彰さんへ教育功績をたたえる名誉博士号が授与された。世界的指揮者の小澤征爾さんに続く2人目となる。
 節目に合わせて歌詞や曲を公募した大学歌が初披露され、信大交響楽団と信大混声合唱団が演奏した。令和4年度から6年間の第4期中期目標・中期計画の基礎となるグランドデザイン「ビジョン2030」の発表もあった。
 信州大学は昭和24年、旧制松高など県内七つの高等教育機関を母体に設立された。現在は県内5キャンパスに8学部6大学院研究科を備える。

連載・特集

もっと見る