スポーツ

都市大初戦で涙 春の高校野球北信越大会

 第140回春季北信越地区高校野球大会は1日、富山県の富山市民球場(富山市)など2会場で開幕した。初日は1回戦4試合があり、都市大塩尻(長野2位)は富山国際大付(富山3位)に10-11で破れた。都市大塩尻は大差がついた中盤から、最終回に1点差に迫る粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。準々決勝は2日に行われ、県勢は東海大諏訪(長野1位)が、砺波工業(富山3位)を6-0で下した星稜(石川1位)と対戦する。