教育・子育て

児童69人が全力! 生坂小で運動会

徒競走で懸命に走る児童

 生坂村の生坂小学校で1日、運動会が行われた。全校の児童数にちなむスローガン「69人の心と力を一つに!」を掲げ、保護者や仲間の声援を受けた児童が赤白の2組に分かれて校庭を駆け巡った。保護者・来賓らが参加するものも含め、用意された13プログラムを楽しんだ。

 北野宏治校長は「みんなの心が一つになった時に、今日の運動会が素晴らしいものになる」と児童を激励した。いずれも6年生で赤組の藤澤拓夢君と白組の藤澤倫太郎君が児童を代表して「全力で頑張ることを誓います」と宣誓した。
 3・4年生が「とびっくら」、1・2年生が「かけっこ」、5・6年生が「短距離走」と題して行った徒競走は、出走前に児童一人一人の氏名がアナウンスされた。トラックを懸命に走る児童に、会場からは「頑張れ」という声が上がった。
 走り終えて一息ついた1年生の中村優月さん(6)は「頑張った。応援してもらえてうれしかった」と話していた。
 低学年児童による表現運動「令WAになったよ、おどろう♪」を見物して「かわいいね」と話す保護者がいた。全校児童が一緒に臨む競技や来年度に入学する子供たちによる種目、保護者らを交えて踊る「生坂音頭」もあった。
 1日には池田町の池田小学校でも運動会が行われた。

連載・特集

もっと見る