地域の話題

亡き友からもらったフジ満開 木曽町日義の巾恒美さん宅

 木曽町日義の巾恒美さん(73)宅で、鮮やかなフジの花が見頃を迎えている。長いものでは1・2㍍ほどある花房は上から下に向かって順次開花しており、6月上旬まで楽しめそうだ。
 ガレージを覆うように設けた高さ3・5㍍ほどのフジ棚で、紫色と白色の花が甘い香りを漂わせている。ガレージを囲む庭では、シャクナゲやテッセン、ツツジも花盛りだ。
 友人からもらったフジの苗を育てて10年目になる。巾さんは「今年の咲き具合は最高。友人は2年前に亡くなったが、空から彩りを楽しんでくれているのでは」と目を細めている。