教育・子育て

ごみ分別や食べ残しゼロの大切さ年長園児に伝える

幼児に分かりやすくごみ分別や食べ残しを無くすことの大切さを教える市職員(渕東保育園)

 松本市環境政策課が取り組んでいる幼児向けの参加型環境教育が29日に始まった。市が平成24年度から環境への意識を高める目的で開いており、本年度も市内の51保育園・幼稚園・認定こども園の年長児に、ごみ分別の意義や食べ物を残さず食べる大切さについて教えていく。