地域の話題

村消防団員の「出会い」応援 朝日の団体がイベント企画

イベントの内容を考えるしあわせ信州・朝日の委員
 男女の出会いの場をつくる活動をしている朝日村の団体「しあわせ信州・朝日」は、6月30日に村中央公民館で「出会いイベント」を開く。本年度は、村のために活動している若者を応援しようと、男性は村消防団員と元団員に参加を限定する。女性は従来通り、村内外から参加を募る考えだ。6月21日まで参加申し込みを受け付ける。
 このほど村中央公民館で開いた打ち合わせ会議では、不慣れな人たちでも協力し合って調理でき、話題にもしやすいギョーザなどを参加者で作るパーティーとすることを決めた。村産の野菜をふんだんに使う料理作りは、活動への協力を始めた朝日ヘルスメイトのメンバーが指導する。  県サイトに載せる女性向けのPR情報には「家族や地域の皆さんの命を守る活動に参加しているカッコイイ男達です!」などの言葉が踊る。協力関係がある首都圏の結婚支援の専門家の団体と連絡して、都市部の女性の参加も募る。  団員向けには、26日に行われた総合防災訓練でチラシを配布した。村内で6月初めにチラシを全戸に配ることで、元団員や女性にもPRする。  イベントは通算10回目となる。参加費は男性が3000円、女性が1000円で、いずれも独身であることが条件。問い合わせは村住民福祉課(電話番号0263・99・4102)か上條昭三会長(電話番号090・3431・8953)、事務局電子メール(skamijo@go.tvm.ne.jp)へ。