教育・子育て

収穫楽しみに田植え体験 松本・今井小5年生

田植えを体験する児童たち
 松本市の今井小学校5年生は28日、学校近くの農産物直売所・道の駅「今井恵みの里」の水田で田植えを体験した。JA松本ハイランド青年部今井支部の部員10人と地元農家の桜井健五さん(66)が指導し、児童23人が手作業で苗を植えた。  初めて田植えを体験したという花澤玲輝(れいき)君(10)は「最初は戸惑ったけど、やっているうちに楽しくなった。収穫が楽しみ」と話していた。収穫に備えて7月にかかし作り、11月に収穫祭を計画している。