スポーツ

御嶽海押し出しで7勝目 大相撲夏場所

大栄翔(左)を押し出しで破った御嶽海(読売)

 大相撲夏場所(両国国技館)12日目の23日、上松町出身で西小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭2枚目・大栄翔(追手風部屋)を押し出しで破り、7勝目(5敗)を挙げた。連敗を2で止め、2場所ぶりの勝ち越しまであと一番とし、13日目の24日は、西前頭5枚目・竜電(高田川部屋)と対戦する。
 押し相撲同士の大栄翔を寄せ付けなかった。御嶽海は立ち合い、相手が繰り出す喉輪攻めにあごが上がったが、前傾姿勢を保って圧力を維持する。一瞬引いて相手を崩すと回り込んで攻勢に。突き押しを下からあてがって前進、もろはずで力強く押し出した。
 竜電とは2度目の対戦で、初顔合わせだった昨年11月場所では、左四つでの1分近い相撲に根負けした御嶽海が、寄り切りで敗れた。