スポーツ

御嶽海反撃許し5敗目 大相撲夏場所11日目

遠藤(手前)に寄り切りで敗れた御嶽海(読売)

 大相撲夏場所(両国国技館)11日目の22日、上松町出身で西小結の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭2枚目・遠藤(追手風部屋)に寄り切りで敗れた。今場所初の連敗で6勝5敗となり、12日目の23日は、西前頭2枚目・大栄翔(追手風部屋)と対戦する。

 今場所2大関を破っている相撲巧者に、立ち合いで組み止められた。喉輪で攻めるも、つかんだ前みつを放さない遠藤を押し切れずにたまらず引いた動きが相手を呼び込んだ。首投げで抵抗を試みるも不発。半身の体勢のまま、最後はもろ差しの寄りで仕留められた。
 大栄翔は今場所5勝6敗で、大関豪栄道、関脇逸ノ城、小結碧山を破っている。十両時代を含めて過去5回顔を合わせており、御嶽海が4連勝中だ。5場所ぶりの対戦だった先場所は、押し相撲同士の大栄翔を全く問題にせず押し出しで勝っている。

連載・特集

もっと見る