スポーツ

御嶽海が4敗目 大相撲夏場所

 大相撲夏場所(両国国技館)10日目の21日、上松町出身で西小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西関脇・栃ノ心(春日野部屋)に寄り切りで敗れた。中盤戦を6勝4敗で終え、11日目の22日は、東前頭2枚目・遠藤(追手風部屋)と対戦する。
 相撲の内容は一方的だった。突き放したかったはずの立ち合いで、左前みつをがっちりと取った栃ノ心につかまった。右差し、左上手の相手万全の形で引きつけられて腰が伸びた御嶽海に反撃の余地はなく、なすすべなく土俵を割った
 残る5日間は平幕力士との対戦だ。遠藤は今場所3勝7敗だが、8日目に栃ノ心に土を付けている。過去の対戦成績は御嶽海の4勝3敗で、5場所ぶりの顔合わせだった先場所は、まわしを取らせず前に出た御嶽海が押し出しで勝っている。