スポーツ

御嶽海再び白星先行 3勝目、きょう琴奨菊戦

 大相撲夏場所(両国国技館)5日目の16日、上松町出身で西小結の御嶽海(出羽海部屋)は、東関脇・逸ノ城(湊部屋)を押し出しで破った。序盤戦を3勝2敗で終え、再び白星を先行させて迎える6日目の17日は、西前頭筆頭・琴奨菊(佐渡ケ嶽部屋)と対戦する。

 これぞ御嶽海という押し相撲で、関取最重量227キロの逸ノ城を圧倒した。立ち合い左を固めてぶつかって相手得意の右四つを許さない。一度は押し返されるも組ませずに攻め手を封じた御嶽海は、もろはずの押しにのど輪を織り交ぜながら前進、盤石の攻めで押し切った。
 琴奨菊には過去9勝4敗で、もろ差しで重心を浮かせる相撲が御嶽海の勝ちパターンとなりつつある。直近の対戦となった昨年7月場所は、もろ差しの攻め手を崩されても慌てなかった御嶽海が、腰を浮かせずに足を運び続けて寄り切った。

連載・特集

もっと見る