教育・子育て

おいしいお米になってね 山辺小児童が田植え

はだしで田んぼに入り、丁寧に苗を植える子供たち

 松本市の山辺小学校の5年生92人は14日、学校近くの田んぼで田植えを体験した。入山辺地区の有志でつくる「こんな山辺にするじゃん会」(遠山重治会長)の会員らに教わりながら約10アールの田んぼに丁寧に苗を植え、秋の収穫を心待ちにした。初めて田植えをした重田真優さん(10)は「だんだんコツがつかめてきて真っすぐに植えられた。成長が楽しみ」と笑顔を見せていた。

連載・特集

もっと見る