スポーツ

御嶽海が今場所初白星 大相撲夏場所

玉鷲(手前)をはたき込みで破った御嶽海(読売)

 大相撲夏場所(両国国技館)2日目の13日、上松町出身で西小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭3枚目・玉鷲(片男波部屋)をはたき込みで破った。今場所初白星を挙げて1勝1敗とし、3日目の14日は、西大関・高安(田子ノ浦部屋)と対戦する。
 突き、押しの攻防を制し、玉鷲戦の連勝を9に伸ばした。押して、押されて、押し返す。御嶽海は、相手の再三の突進に対して下から攻め手を出し、いなしも織り交ぜて応戦した。根負けした相手の膝が伸びて腰高となった隙を逃さず、体を左に開いて引きながら、はたき込んだ。
 3場所連続で小結の御嶽海は、今場所も前半戦は自分より上位との対戦が中心となる見込みだ。高安とは接戦が多いが過去5勝12敗と負けが込んでいる。先場所も2分近い長い相撲の末に押し出しで敗れた。