スポーツ

山雅勝ち点1 連敗止める

 サッカーJ1松本山雅FCはリーグ戦第11節の12日、松本市のサンプロアルウィンでコンサドーレ札幌と対戦し、0―0で引き分けた。山雅のリーグ戦の連敗は2でストップした。勝ち点1を挙げて順位は12位を維持した。

 山雅はMF杉本をリーグ戦初先発させる布陣で札幌戦に臨んだ。前半から主導権を握り、2分にFW前田がボレーを放ったが枠は捉えきれず、その後もMFパウリーニョやFWレアンドロペレイラがシュートを放つも決められなかった。後半は札幌に押し込まれるシーンが目立ったが粘りの守備で無失点に封じた。スタジアムには約1万6000人の山雅サポーターが詰めかけ、試合後は連敗ストップの結果に選手コールを送りたたえた。
 山雅は第12節の18日、茨城県鹿嶋市の県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。午後3時のキックオフとなる。

連載・特集

もっと見る