地域の話題

桜満開お花見にぎわう 松本で22度5月中旬並み

満開の桜の下で花見を楽しむ家族連れたち(アルプス公園)

 松本地方の標高の高い地域や山間地の桜が見頃となり、週末を迎えた20日は各地の桜の名所で花見を楽しむ家族連れの姿がみられた。日中は穏やかに晴れ、松本市沢村の日中の最高気温が5月中旬並みの22・8度を観測するなど少し汗ばむほどの暖かさとなり、松本市郊外の山上にあるアルプス公園でも、大勢の市民や観光客が訪れ、春らんまんの風情を満喫していた。

 園内の中心部にある「子供冒険広場」や「さくらの森」では、すっかり花盛りとなったソメイヨシノやオオヤマザクラの木陰の青々とした草むらに、多くの家族連れがシートを敷き、お弁当を広げたりバーベキューをしたりして思い思いの時間を過ごしていた。
 めいの家族と夫の4人で訪れた安曇野市堀金烏川の会社員・細川蘭さん(29)は「先週は上田市でお花見をし、今週ならここも桜が見頃と思って来た。予想通りの満開で、何よりお天気が最高」と笑顔を見せた。
 気象庁の天気予報によると、21日も午前中はよく晴れる見通しで松本の最高気温は22度を予想している。

連載・特集

もっと見る