地域の話題

春告げる島内の鳥居火 きょうまで 犬飼山で

 松本平に本格的な春の訪れを告げる松本市島内の伝統行事「鳥居火」(市重要無形民俗文化財)が14日、城山公園近くの犬飼山の西斜面で始まった。島内地区3町会の氏子たちが、五穀豊穣や家内安全を願いながらたいまつをたき、山肌に鳥居の形や文字を浮かび上がらせる。16日まで3夜連続で行われる。

 島内地区にある大宮神社、武宮神社の行事で、町区、東方区、北方区の住民が日替わりで執り行う。初日は町区が担当した。点火直前に風雨が強まったものの、たいまつを手にした氏子たちが急斜面に立ち、鳥居の形を完成させた。約10分間で鳥居の形は順に変化し、氏子らが麓まで響く大きな声を上げながらたいまつを振り回し、「大」や「一」の字を浮かび上がらせた。
 15日は東方区、16日は北方区の氏子が担当する。いずれも午後8時をめどに点火され、10分間ほど鳥居火が見物できる。

連載・特集

もっと見る