スポーツ

山雅が貴重な勝ち点1 レアンドロペレイラの同点弾で湘南と1-1

値千金のゴールを決めて両手を天に掲げるFWレアンドロペレイラ

 サッカーJ1松本山雅FCはリーグ戦第7節の14日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦し、1―1で引き分けた。湘南に先制を許したものの、FWレアンドロペレイラが今季初ゴールを決めて追いつき、アウェーで貴重な勝ち点1を挙げ、順位は12位を維持した。

 山雅は前節の神戸戦と同じ先発布陣で湘南戦に臨んだ。前半は互いに中盤でボールを奪い合う展開が続いて決め手を欠き0―0で折り返した。後半は立ち上がりに山雅が攻め込んだが得点できず、6分にスローインの流れから連続してシュートを浴び、最後は頭で押し込まれた。山雅はFW永井やMF杉本を投入し、試合の流れを引き戻すと38分に中盤でボールを奪ったペレイラが相手ペナルティーエリア外から右足を豪快に振り抜き同点にした。スタジアムには約1800人の山雅サポーターが詰めかけ、アウェーでの劇的なドローを喜んだ。
 山雅は第8節の20日、松本市のサンプロアルウィンでサガン鳥栖と対戦する。午後2時のキックオフとなる。

連載・特集

もっと見る