政治・経済

松本市議選が14日告示 現元新42人が立候補予定

 統一地方選後半戦の松本市議会議員選挙(21日投開票)は14日に告示される。定数31に対して、平成27年の前回選と同じ42人が立候補し、選挙戦になる見通しだ。当選者は改元後の「令和」が始まる5月1日からが議員任期となり、各候補者は選挙期間中、それぞれに新時代の市政運営やまちづくりを思い描いて有権者に訴えていく。市民にとって最も身近な選挙がいよいよ迫ってきた。

 立候補予定者は現職23人、元職2人、新人17人で、男性は30人、女性は12人になる。党派別では、共産党と公明党が各4人、日本維新の会が2人、立憲民主党と市行革110番、幸福実現党が各1人で、29人が無所属となる。地域別に見ると、河西部など郊外からの予定者が多い。
 各陣営は選挙戦本番を見据えて支持者へのあいさつ回りなど準備を進めてきた。ある現職は「いよいよだ。初心に返って選挙戦に臨みたい」と気を引き締め、ある新人は「市政に新しい風を吹かせるために頑張りたい」と意気込んでいた。
 前回選の投票率は47・49%で、前々回選を2・34ポイント下回った。7日に投開票された統一地方選前半の県議会議員選挙は全県で47・57%と戦後最低を更新し、松本市東筑摩郡区も43・93%にとどまっただけに、各陣営が訴えを通じてどれだけ有権者の関心を引き付けられるかが注目される。
 期日前投票は15~20日(場所によって18~20日)に市役所や松本駅自由通路など10カ所で行われる。

連載・特集

もっと見る