教育・子育て

初めての給食「おいしいね」 松本の小学校1年生が笑顔

初めての給食をおいしそうに味わう子供たち(今井小学校)

 松本市内の小学校で、1年生の給食が始まっている。真新しい給食着に身を包んだ子供たちは友達と協力しながらおかずなどを配膳し、初めての給食をおいしそうに味わっている。
 今井小学校では10日に始まり、1年生25人は4時間目から給食の準備に取りかかった。当番の12人がおかずや牛乳をコンテナ室から教室に運び、全員が同じ量になるよう気を付けながら丁寧に盛り付けた。当番以外の児童が配膳をして、「いただきます」のあいさつをすると、児童たちは勢いよくほお張って「おいしい」と喜んでいた。
 献立は麦ご飯と具だくさんみそ汁、サバの煮付け、野菜のおかかあえで、児童たちは次々におかわりをしてたくさん食べていた。西村芽依さん(6)は「おかかあえがおいしかった。シュークリームが好きなのでデザートで出たらうれしい」と笑顔を見せていた。

連載・特集

もっと見る