地域の話題

お城の桜 開花宣言 10日から光の回廊

 松本市の松本城公園の外堀沿いでソメイヨシノの桜並木が花を咲かせ始め、松本城管理事務所は7日、松本城の桜の開花を宣言した。昨年より7日遅い開花となった。宣言に伴い10~17日(8日間)の夜間、松本城本丸庭園を無料開放してライトアップする「第20回国宝松本城『夜桜会』」と、外堀と女鳥羽川の桜並木を照らし出す「国宝松本城桜並木 光の回廊」が催される。

 松本城管理事務所の手島学所長が午前8時に、外堀沿いにある標本木の枝先に5輪以上の花が咲いていることを確認した。手島所長は「市民が楽しみにしている桜で問い合わせも多かった。国宝天守とともに楽しんでほしい」と願っていた。
 妻の実家に行くため家族4人で訪れ、早朝に桜並木を散策していた金沢市の会社員・本多正博さん(49)は「松本地方で生まれた小学5年生の娘の誕生日がこの時期で、当時桜が見頃だった思い出がある。来週末にまたお花見に訪れてもいいかも」と笑顔を見せた。
 夜桜会は期間中、午後5時半~9時に催される。

連載・特集

もっと見る