スポーツ

山雅がスター軍団・神戸破る 2-1でホーム初勝利

今季リーグ戦ホーム初勝利に沸く山雅サポーター

 サッカーJ1松本山雅FCはリーグ戦第6節の6日、松本市のサンプロアルウィンでヴィッセル神戸と対戦し、2―1で勝った。MF宮阪、DF飯田のゴールで2点を先取すると、後半に神戸の反撃を許して1失点したが、体を張った守りを見せた。今季リーグ戦ホーム初勝利で、約1万8000人の山雅サポーターは喜びを爆発させた。山雅は勝ち点3を加えて順位を12位に上げた。

 山雅はMF中美、DF飯田をリーグ戦に初先発させる布陣で臨んだ。前半から強固な守備ブロックを作って神戸の攻めを封じると、13分に中美が倒されて得たFKで宮阪が蹴ったボールが直接ゴールに吸い込まれて先制。43分にはDF高橋のクロスに飯田が頭で合わせて2点目を奪った。後半は30分に1点を返されたが神戸の反撃を振り切り今季2勝目を挙げた。待望の勝利に加藤文哉さん(67)=松本市波田=は「スターぞろいの相手によくやった。この勝ちは大きい」と喜んだ。
 山雅の次戦は10日のYBCルヴァンカップ第3節で、サンアルで午後7時からジュビロ磐田と対戦する。リーグ戦は14日で神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦する。キックオフは午後5時。