地域の話題

大学生活希望を胸に 信州大で入学式

 信州大学(本部・松本市旭3)の入学式が4日、松本市美須々の市総合体育館で開かれた。全8学部に編入を含む2092人、大学院6研究科に815人が入学し、専門的な学業に打ち込む決意を胸に、希望に満ちた新生活をスタートさせた。
 濱田州博学長は式辞で、新元号「令和」が発表されたことに触れ、「令和時代という新たな時代を迎えるとともに、新たな生活が始まる皆さんには、心機一転してさまざまなことに挑戦してもらいたい」と期待した。
 学部入学生を代表し、経法学部応用経済学科の土屋朝陽さん(18)が「目の前の課題と向き合い、充実した学生生活を築き上げていきたい」と誓いの言葉を述べた。
 今年は信州大学が昭和24年に新制大学として創立されてから70周年、前身校の一つの旧制松本高校が誕生してから100周年の節目の年となる。入学式では信大交響楽団と合唱団による記念演奏もあり、旧制松本高校の寮歌や学生歌が演奏された。

連載・特集

もっと見る