連載・特集

2019.4.7みすず野

 信号待ちの交差点で、子供たちのどこか誇らしげな表情がほほ笑ましかった。新入生を迎え、それぞれ一つずつ先輩になり「しっかりしなくっちゃ」と思っているのなら頼もしい。家庭で話を聞いてあげてほしい◆話は変わるが、プロ野球の阪神はなぜこうも弱いのか。「暗黒時代」と呼ばれた頃の九回裏に5点差を逆転されたり、お立ち台で「明日も勝つ」と言った翌日から12連敗したりした記憶がよみがえり、ファンはやきもき。その点ルーキーや新加入選手が活躍しているチームは強い。発奮材料になるのだ◆職場や学校、街なかで「新人」を見掛ける。その初々しい姿をかつての自分と重ね合わせている人も多かろう。優しく成長を見守り、時に厳しく育てたい。新人諸君は焦らなくていい。うまくいくことはきっと少ない。現役を引退したイチローさんだって1年目から1軍で安打を量産したわけではないのだから◆小社にも入ってきた新入社員を見たら、竹原ピストルの「よー、そこの若いの」を久しぶりに聴きたくなった。「♪俺を含め、誰の言うことも聞くなよ」と、カラオケに行く機会があったら若い人に歌ってもらおう。

連載・特集

もっと見る