地域の話題

裏方の仕事興味深く見学 まつもと市民芸術館で子供向けツアー

芸術館の職員が舞台装置を操作する様子に、興味津々で見入る子供たち

 松本市深志3のまつもと市民芸術館は28日、小学生以下を対象にした舞台裏などの見学会を実施した。春恒例の「バックステージツアー」の一環として初めて企画し、0~8歳の子供と保護者ら7組20人が、舞台を支える裏方の仕事に触れた。
 「キッズツアー」と銘打ち、舞台技術部の職員が大道具、照明、音響の仕事について説明しながら舞台や楽屋などを案内した。体験メニューを多く取り入れ、ペンライトを使って照明演出を実践したり、主ホール舞台で照明や幕をつるバトンを操作する様子を見学したりした。最後は「舞台の主役体験」としてアニメ映画の曲に合わせて舞う紙吹雪の中、大はしゃぎで楽しんだ。
 開智小学校2年生の荒屋和奏さん(8)は、母と妹と参加し「今まで知らなかったことを知ることができてよかった。紙吹雪が楽しかった」と笑顔だった。
 通常のバックステージツアーや芸術館での多くの公演で対象年齢に達していない子供たちに、芸術館に親しみ舞台芸術に関心を持ってもらおうと企画した。