スポーツ

御嶽海悔しい負け越し 千代大龍ときょう対戦

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)13日目の22日、上松町出身で東小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭4枚目・逸ノ城(湊部屋)にはたき込みで敗れた。2連敗で5勝8敗となり、昨年11月の九州場所以来2場所ぶりの負け越しが決まった。
 勝負は一瞬だった。御嶽海は、右かち上げで体を起こされ、すかさず頭をおさえつけるようなはたきで土俵に落とされた。逸ノ城には1年ぶりの黒星で、戦績は6勝4敗となった。
 残り2番を残して負け越しが決まった。14日目の23日に顔を合わせる東前頭5枚目・千代大龍(九重部屋)は御嶽海よりも約20キロ重く、左からの強烈なかち上げが武器だ。対戦成績は5勝5敗の五分で、先場所ははたきに屈している。

連載・特集

もっと見る