教育・子育て

保育園児が元気に巣立つ 松本の43園で卒園式

元気よく歌声を響かせる卒園児たち(島内保育園)

 松本市立保育園全43園は22日、本年度の卒園式を一斉に開き、計1154人が門出を迎えた。卒園児たちは保護者や保育士らの温かな励ましを受け、4月からの学校生活に期待を膨らませながら、通い慣れた園舎を巣立った。

 島内保育園では年長児54人が、かわいらしいスーツやワンピース姿で式に臨んだ。一人ずつ名前を呼ばれると元気よく返事をし、保育証書を受け取ると高く掲げて思い出を振り返った。藤牧良江園長はあいさつで園での様子を紹介し、「優しさとたくましさを持つすてきな1年生になるはず」と期待していた。
 保護者らが成長したわが子の姿に目を細めて見守る中、卒園児たちは「やるときはやる、話を聞く、ピカピカの1年生になります」と晴れやかに宣言して締めくくった。

連載・特集

もっと見る