スポーツ

御嶽海7敗後がなく きょう逸ノ城戦

  大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)12日目の21日、上松町出身の東小結・御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭2枚目・妙義龍(境川部屋)に寄り切りで敗れ、5勝7敗となった。13日目は西前頭4枚目・逸ノ城(湊部屋)と当たる。
 先場所初日からの6連勝を阻まれ、左脚を痛めて休場を余儀なくされた悔しさを晴らせなかった。立ち合い激しく当たった後、腕を伸ばして相手の上体を起こしたが、喉輪で逆襲されて深く2本差され、力を出せず土俵を割った。
 逸ノ城はここまで1敗と好調を維持するが、御嶽海は昨年春場所から5連勝しており、分は悪くない。対戦成績は御嶽海の6勝3敗となっている。先場所は休場復帰後の13日目に当たり、一気の出足で寄り切って執念の勝ち越しを決めた。