スポーツ

御嶽海連敗ストップ 4勝目きょう大栄翔戦

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)10日目の19日、上松町出身で東小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭筆頭・遠藤(追手風部屋)を押し出しで破り、5日目から続いた連敗を5で止めた。中盤戦を終えて4勝6敗となり、11日目の20日は、東前頭2枚目・大栄翔(追手風部屋)と対戦する。
 まわしを取らせず、前に出る持ち味が出た相撲だった。遠藤の左腕を手繰って相手得意の左四つを阻止した。体重が乗った圧力の強い突き、押しにいなしを織り交ぜ反撃の隙を与えず、土俵に詰まった遠藤をもろはずの押しで攻めきった。
 自己最高位の大栄翔は今場所、高安、豪栄道の2大関と、先場所優勝の関脇玉鷲を破っており、10日目を終えて星は五分だ。十両時代を含めた対戦成績は御嶽海の3勝1敗で、昨年の5月場所以来の顔合わせとなる。

連載・特集

もっと見る