スポーツ

御嶽海 手痛い2敗目 きょう栃ノ心戦

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)5日目の14日、上松町出身で東小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西小結・北勝富士(八角部屋)に押し出しで敗れ、3勝2敗となった。左膝にけがを抱える御嶽海は、番付上位と顔を合わせた序盤戦を一つの白星先行で終え、6日目の15日は、東大関・栃ノ心(春日野部屋)と対戦する。

 三役在位14場所目の御嶽海が、新三役の北勝富士に手痛い黒星を喫した。立ち合いの出足は御嶽海が勝った。寄りで土俵際まで追い込むも仕留めきれず、相手に右に回り込まれてからは逆に押し込まれる展開に。たまらず選択した再三の引き技が相手を呼び込んだ。
 栃ノ心は先場所、けがで一度も勝てぬまま途中休場し、今場所はかど番だ。対戦成績は御嶽海の3勝6敗で、直近の対戦となった昨年11月場所では、かち上げに上体を起こされ、相手の一気の寄りにあえなく土俵を割った。