スポーツ

御嶽海 玉鷲を押し出し 3勝目 きょう北勝冨士戦

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)4日目の13日、上松町出身で東小結の御嶽海(出羽海部屋)は、西関脇・玉鷲(片男波部屋)を押し出しで破った。2連勝で3勝1敗とし、5日目の14日は西小結・北勝富士(八角部屋)と対戦する。

 御嶽海が、三役常連で先場所初優勝の実力者・玉鷲の攻めを難なくはね返した。右から喉輪、左からおっつけて挟み込むという、相手が得意とする攻めを全く問題にしない。下から圧力をかけ続けて前進、土俵際に追い詰めると、最後は左を差し、右はず押しで仕留めた。玉鷲には昨年初場所から8連勝、通算16勝2敗と合口の良さを堅持した。
 北勝富士は学生相撲時代からのライバルで入門も同期だ。昨年は膝の故障で幕尻まで番付を下げるも復調、先場所は3大関からの白星を含む9勝を挙げ、新三役になった。対戦成績は、御嶽海がけがで休場した先場所7日目の不戦敗を除くと5勝2敗だ。