地域の話題

松本空港PRでJCが来月イベント 漫画『前略 雲の上より』の原作者・竹本真さん招く

竹本さんを招く催しをPRするメンバーら

 松本青年会議所(JC)は13日、松本JC事務所で記者会見を開き、各地の空港や飛行機の魅力を描く漫画『前略 雲の上より』の原作者・竹本真さんを招いて信州まつもと空港について語るトークセッションを開催すると発表した。過去にも空港活性化などの事業に取り組んできた伝統を踏まえて、創立60周年の節目に企画した。4月2日午後7時から、松本市中央1のMウイングで開き、多くの人に地元の空港に親しみを感じてもらいたいと来場を呼び掛けている。

 『前略 雲の上より』は青年漫画誌『イブニング』に連載中で、松本空港編も既に掲載されている。トークセッションは主人公のせりふを基に「空港は人生の全てが学べる~前略 信州まつもと空港より」と題し、竹本さんが実際に利用した体験や他空港にも詳しい客観的な視点を交え、松本JCの三村敦まちの魅力発信委員長(39)と語り合う。松本JCの空港関連事業の振り返りや空港に関する地域住民へのアンケート結果の報告などもある。
 伊藤総一郎理事長(38)は、「空港の新しい未来を描く活動をしていきたい。そのキックオフとして、一人でも多くの人に空港を身近につなぐことができれば」と話していた。
 催しは入場無料で申し込み不要。問い合わせは松本JC(電話0263・32・7646)へ。