スポーツ

御嶽海 貴景勝を圧倒 2勝目 白星先行

貴景勝(左)を寄り切りで破った御嶽海(読売新聞社)

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)3日目の12日、上松町出身で東小結の御嶽海(出羽海部屋)は、東関脇・貴景勝(千賀ノ浦部屋)を寄り切りで破り、2勝目を挙げた。再び白星を先行させ、4日目の13日は西関脇・玉鷲(片男波部屋)と対戦する。

 三役在位期間で9場所先行する御嶽海が、大関昇進を狙う貴景勝を圧倒、反撃する隙を与えなかった。立ち合い珍しく先に手を付いて立った相手に踏み込ませなかった。突き押しを下からあてがって封じると、相手のいなしに対し、すかさず体を寄せて下から攻め立て、最後は腰を割って万全の寄りで勝負を決めた。貴景勝戦5連勝とした。
 玉鷲とは、押し相撲を得意とする同士の対戦だが、過去17戦で15勝と合口が良く、昨年初場所から御嶽海が7連勝中だ。先場所は激しい突き押しを難なくはね返しての快勝だった。

連載・特集

もっと見る