スポーツ

御嶽海 春場所は東小結 三役の連続在位 歴代5位

  大相撲春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付が25日に発表され、上松町出身の御嶽海久司(26)=出羽海部屋=は2場所連続の小結で、東に座った。堺市にある部屋の宿舎で報道陣の取材に応じた御嶽海は「先場所、けがは予想外だったが相撲自体はいい内容だった」とし「今場所も前に出る相撲、引かない相撲を心掛ける」と決意した。

 1月の初場所では3横綱を撃破した。特に左膝のけがによる休場から再出場した11日目は横綱の白鵬に土をつけ、昭和22年秋場所の三賞制定以降、休場力士では初の三賞となる殊勲賞を受賞した。「先場所は調整もうまくできていた。前に出る相撲を貫けば(上位陣に)通用する手応えも感じた」と振り返った。
 昭和以降で歴代単独5位の長さとなる13場所連続での三役在位となった。御嶽海は「多いのか少ないのか分からないが」とした上で「13場所の中で、当たり負けないことと押し負けない部分は成長できていると思う」と振り返った。
 左膝のけがについて「良くも悪くもなっていない現状維持の状態」と説明した御嶽海は「相撲を取れば痛みも出るかもしれないが、あと2週間ある。治しながら稽古に取り組む」と話した。
 22日には、母校の木曽町中学校(木曽町、在学時は福島中)から化粧まわしが贈られた。まわしに金糸で刺しゅうされた校訓「彬彬」について「外面だけでなく中身を鍛えよという意味だと理解している」と語った御嶽海は「今、一番ほしかった言葉。自分自身をしっかり見つめ直したい」とうなずいた。
 中信地方の他の郷土力士では、序二段で先場所4勝3敗と勝ち越した、琴宇留賀から改名した琴孝玉(松本市出身、佐渡ケ嶽部屋)は、東64枚目から西36枚目に番付を上げた。同じく4勝3敗だった本木山(松本市出身、玉ノ井部屋)も、東72枚目から西42枚目へ番付を上げた。